免許取得をお考えの方へ

聴覚障がい

音が全く聞こえない方も普通自動車の運転免許を
取得できるようになりました!

聴覚に障がいのある方(10メートル離れた所で90デシベルの警音器の音が聞こえない)が
普通自動車を運転する場合には次の条件を守りましょう。

ワイドミラーを付けること

後ろの自動車などを確かめる事ができるワイドミラーを付ける必要があります。
これを使って、後ろの交通の様子を確かめましょう。

  • ワイドミラーを付けないと、進路を変えようとするときに、見えない部分(死角)に入った後ろの車が危険を感じて警音器を鳴らしても、そのまま進路を変えようとし続けてしまう恐れがあります。
  • ワイドミラーを付けないと、後ろから近づいてくる緊急自動車に気づくのが遅れるおそれがあります。

聴覚障がい者標識を付けること

聴覚障がい者は、周りの様子をすべて目でとらえています。
周りの運転者に、警音器の音が聞こえないことを知らせて注意してもらう必要があります。
また、幅寄せなどに対して危険に気づくのが遅れるおそれがあり、これを助ける必要があります。

  • 聴覚障がい者が運転する車への聴覚障がい者標識の表示の義務付け
  • 聴覚障がい者標識を付けた車に対する幅寄せ・割込みの禁止
選ばれる7つの理由

見ていただきたいコンテンツ